女優として、歌手として成功している女性タレントとは

女優として、歌手として

今ではごくごく当たり前

bump.yは各々が女優としても活動していたが、同時進行で音楽にも携わる活動をしていた。実際にCDも発売するなど精力的に活動していたが、だからどうしたというところだ。驚きもしない、関心もしないというのは一見無関心と取られるかもしれないが、現在の芸能界ではそうした二つの仕事を同時にこなすのは当たり前だからだ。過去30年間を通してみても、アイドルとして活動していた女性たちを見ても、歌手に演技といった方向であらゆるメディアに登場しては活躍をしていた。正しく評価されていたかはさておき、特に80年代のアイドルとして活動していた方々の活躍については語っても付きない話題ばかりが飛び出そうだ。

特にこの時代を青春していた人々にとって、テレビにかじりついていたなんてエピソードを披露される機会も多いだろう。実際テレビという情報源しかなかった時代においてはまさに芸能界はある意味情報分野においても席巻していたからだ。この頃ほどデビュー出来れば持続した活躍はできなくてもテレビに出演出来た時期があったとも言われている時代になる。80年代後期になるとバブル経済まっただ中で日本もある種お祭り騒ぎに湧いていたからだ。その当時のアイドルたちは現在も活動している人はいる、代表的な方としては今でも全く衰えることのない知名度を誇る『松田聖子』さんを筆頭に、80年代は一世を風靡したアイドルも存在している。

そういう意味でbump.yのメンバーたちについても、名目としては女優という色合いをもたせているが、世間からすればやはりアイドルと呼称される存在にとどまっているのが現状だ。そこから一歩先に踏み出すにしても、個性という特徴を持つのは必須。また歌にしても演技にしても、どちらかの道で圧倒的とも言えるカリスマ性を発揮できるようになるだけでも話は違ってくる。そういう場合、たとえ時代と世代を超えても愛される歌手や女優になれるからだ。

話題の女優

保育のしごと.netは東京の保育のお仕事(保育士・幼稚園教諭・児童指導員)に関する情報を集めた求人サイトです。保育士の仕事をお探しでしたらぜひ一度チェックしてみてくださいね!

世代を超えた人気の高さ

そういう意味では個人的に本当凄いと感じているのが、『中森明菜』さんという存在だ。彼女もまた80年代当時において絶大な人気を誇り、かの松田聖子さんと人気を二分していたと言われるくらいの存在としても名高く、今でも往年のファンが名指しするくらいに有名な方だ。

そんな中森明菜さんについてだが、多くの人はどういった印象を持っているだろうか。デビュー当初はアイドルとして歌にドラマに出演し、高い人気を得るほどに活動をしていたがやはり中森明菜さんといえば『歌手』という分野において秀でた存在といえるだろう。しかもいそれらの歌が現在でも人気を誇り、レコード会社としても目玉商品としてピックアップするほどに色あせない人気の高さが最近証明された。昨年その中森さんの初ベストアルバム『オールタイム・ベスト』が発売され、CDとしても、ダウンロード販売としても好評を博していた。

元々当時、特に中森さんの代表曲の一つとして知られている『DESIRE-情熱-』からは当時の専門家からしても特異性を発揮しだしたと評価されるくらいに、歌手としての色合いが特に色濃くなっていったことでもファンなら当然知っている情報となっている。個人的にはこの曲も好きだが、『ミ・アモーレ〔Meu amore・・・〕』も好きという好みを少し出したくなるくらいだ。

本田美奈子さんという存在

同じ歌手という意味では、骨髄性白血病で10年前に他界した『本田美奈子』さんの存在を忘れてはいけない。中森明菜さんと同様、本田さんも当時は歌唱力に定評があるアイドルとして人気を獲得したことでも知られている。元は中森さんらと同じ領域で活動していたが、90年代以降になると様々な音楽ジャンルにも果敢に挑戦し、精力的に活動していたことで知られている。

そんな本田美奈子さんの生前における名曲として知られているのは、それこそ2000年代から活動として本腰を入れて熱唱した『アメイジング・グレイス』は最近の人でも知っているだろう。特に本田さんが無くなる前後は彼女がこの歌を熱唱しているVTRが、あちこちのメディアで報道されていた。アメイジング・グレイスだけでなく、『アヴェ・マリア』なども熱唱しており、これからの活動が期待されていたが、願い叶わくこの世を去ったことで大きな衝撃を世間にもたらした。

アイドルになりたーーーい

このくらいは必要

bump.yというグループがこれからも活動していくためには、正直中森さんや本田さんといった方々のような歌唱力、また松田聖子さんのように真の意味で王道のアイドルを貫き通している方のようなオーラを発揮するなどしなければ、将来的に見ても今後の活動は難しいだろう。